無制限wifiの初回契約にコストはかかるのか

無制限wifiの初回契約には事務手数料がかかる

無制限wifiを契約する際、初回契約でかかる費用は存在しているのか、また、どれくらいかかるのかをある程度理解しておくといいでしょう。基本的に無制限wifiを契約する際、初回契約で初期費用として3千円ほどとられます。一番最初の月だけかかる費用で、1度取られたら2度は発生しません。ほとんどの無制限wifiでは2千9百円から4千円弱の金額を、初期費用として徴収しています。高額に設定している業者の場合、最低利用期間がなく、違約金などがないといったユーザー向けに好条件の無制限wifiを提供していることが多いです。初期費用は別名事務手数料という名目でとられることもあります。契約する会社によって名称は違いますが、どちらにせよ初期費用が掛かることに違いはありません。

なぜ事務手数料がかかるのか

保証管理やユーザーの口座振替が可能かどうかの審査などの事務手続きにかかる費用として、事務手数料は存在しています。ユーザーが申し込んでからの本人確認書類のチェック、端末の発送手数料なども含まれていることが多いです。チェックや発送に対する人件費などを含めた総合的な事務手続きの手数料として、徴収されています。格安SIMのように初期費用が無料になることは全くありません。 ただし、一部の企業の場合は割引価格で契約ができるサービスを提供しているため、契約したい場合は確認してみましょう。とはいえ、どの企業でも完全に無料となることはありません。初月の使用料金に上乗せする形で事務手数料は差し引かれます。支払の時に金額が足らなくならないように、引き落とし前に通帳の中を確認してください。

格安wifiとは、月額使用料が非常に安いwifiのことです。格安は通信制限があると思われがちですが、通信制限がないタイプも存在します。