無制限wifiを解約する時に料金は必要か

契約期間内に解約すると解約金を支払う可能性がある!

結論から言うと無制限wifiを解約する際、契約期間が終了していれば解約金は払う必要はないと言えるでしょう。ただ契約期間内に解約した場合は、多額の解約金を支払う可能性もあります。特に契約の自動更新システムには注意が必要です。例えば2年で自動更新される契約を結ぶと、2年経過した時点で解約の意志を伝えない限り、自動的に次の2年間の契約へと更新される事になります。そのため、お金を払わずに解約するには2年間待たなくてはなりません。 契約時に渡される書類には、解約金や契約期間に関する事項も記載されているので、契約の際にはしっかりチェックしておくようにしましょう。ただ解約金に関しては乗り換え先が負担してくれるケースもあるため、解約金が発生した事の分かる明細は保存しておく事をおすすめします。

契約期間や解約金がない無制限wifiのサービスもある!

無制限wifiの中には契約期間の縛りがなく、解約する際の料金が一切かからないサービスを提供しているものもあります。解約金が発生しないので、お試し感覚で契約し、自分に合わないと感じたらすぐに解約するといった利用の仕方もできるのが魅力と言えます。しかし、解約の締め日が設けられていたり、初期費用が発生する場合がある点がデメリットとして挙げられます。余計に料金を支払う可能性があるので、あらかじめきちんとチェックしておく事が重要です。これらのサービスは大手キャリアの回線を使っているので、通信の品質に問題はほとんどないでしょう。 一方、長期間解約する予定がないといのであれば、逆に一定の契約期間が決まっているプランに加入するのが、長期的に見ると料金的にはお得になると言えます。